法人向けカードローンが便利な理由

銀行系カードローンの金利が低くて助かった(男性/30代)

私が利用したカードローンはいわゆる銀行が提供しているといわれるもので、サービス内容はカードローンですが、キャッシングのような感覚・お手軽さで利用できるサービスのようでした。大手の会社で、テレビのCMでも名前が知られているものだったので、イメージもそこまで悪くはなく安心して頼りました。

カードローンについて事前に調べてみると私が利用しようとしていた50万円の利用限度額では、金利が18%の場合や14%の場合もあるので、少しでも負担を減らして利用できるサービスを選んだ方が良いと思いました。私が利用したサービスは金利もだいたい15%で済むサービスで、返済方法もあまり負担がかからないといわれているものでした。

借金については十分な知識があったわけではないですが、ネット上の情報や銀行に書かれていることもしっかりと調べて勉強し手から借入しました。返済についてはできるだけ早めに返した方が良いと弁護士のサイトに書いてあったのですが、そこまでお金に余裕がなかったので、約定返済額だった1万円に1万円追加した金額を毎月返済していくことにしました。最初の返済の時点で金利が5千円ほどあり、この時に2万円返済したので元金が15000円減らせました。

最初からこうしたペースで返済が進められたので、返済期間もだいたい2倍の速さで返し終われました。銀行系のカードローンだったので、ある程度自由に返済することもでき、ボーナスが入ったときには追加で支払うこともできました。金利が低ければ安全なわけではないですが、少しでも返済に関しての負担が減らせるので、しっかり利用するサービスは選別しておきましょう。

法人融資借入ナビ※事業資金を低金利で借りれる業者をご紹介

金利が低くできる銀行のカードローン

潤沢な資金はとても重要

借金を利用するときには、会社として十分に資金があることは大切です。金利を少しでも安くするには当然潤沢な資金が必要で、より多くの人にサービスが提供できるのもその潤沢な資金があるおかげです。消費者金融に比べると銀行は利用者も多く、それぞれの地方での活躍も大きいので資金も十分あります。

やはり借り入れで頼るならば銀行系のサービスの方が根本的に安心できるでしょう。カードローンでも銀行系列のキャッシングでも同様に、返済を早くしても十分会社の利益には影響がない余裕があれば自由返済もしやすくなります。会社に余裕があれば、お金を借りる人たちからあまり金利を徴収できなくても経営は成り立つのでそれがサービスの向上にも影響しています。少しでも資金に余裕がある会社を頼るようにしましょう。

1%でも低い金利で利用しよう

カードローンでもキャッシングでも金利が高いとそれだけ出費が増えてしまいます。お金を借りている以上、無料というわけにはいきませんが、工夫して返済するとその金利は少しでも減らすことができます。無理に金利を支払いすぎることもないので、金利は1%でも低い方が安全です。

場合によっては金利の払い過ぎで過払い金が発生する場合もあるので、できるだけ金利が低く設定されている方がトラブルも起こりにくく、少しでも余計な手間が省けます。返済するうえでも金利の低さは精神的なストレスにも影響します。数%の金利差でも現金にすると数万円の差があると思った方が良いです。借入額が100万円を超える場合には数十万円の差になるので十分注意が必要です。

優遇金利も役に立つ

銀行系のサービスでは、すでに口座を所有していたり、その銀行のクレジットカードを登録していたりするとカードローンの金利が優遇されて少し金利を下げてもらえることも多いです。地方銀行でも大手の銀行でも同じで、この優遇金利が利用できるというのも銀行で借入するメリットです。

金利を下げることは難しいですが、銀行を利用していれば適用される優遇金利なので誰でも頼れます。金利を少しでも減らすには積極的に活用していけるので、それらが頼れるサービスを見つけて利用しましょう。優遇金利は自分で申し出なくても銀行側で適用してくれる場合も多いため、そこまで心配する必要はありません。しっかり金利を下げてもらえるように、申し込みをするカードローンもよく工夫しておきましょう。